スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦艦扶桑をつくる⑤

IMG_0438.jpg
ひっさびさにドドーンと更新!!
更新はサボってたけど制作はそんなにサボってないよ!!





前回更新が去年の10月21日…なので随分と久しぶりの更新ですね・∀・;

前回更新したあたりから冬コミの原稿に専念していたので去年は制作を中断していたのは事実…。
ですが、今年に入ってから再開させているのでジリジリと進んでます。
とはいえ、戦艦扶桑を作るより扶桑姉様を描く方に寄りがちではありますが!w


さてはて、今回は更新が滞ってた分をまとめて…な感じなので写真等々多めです。


去年からの進捗としては…
①後部艦橋完成
②煙突完成
③主砲全6基完成
④水上機カタパルト設備類完成
…というところ。
なのでそれなりに進んでますw
いまは前部艦橋が進行中なのでコレが終われば主要構造物の工作が一通りまずは終わるといったところですかね。


では①から順に状態をお見せしていこうとおもいまーす。


①後部艦橋
IMG_0400.jpg
工作が終わって完成した状態です。
高角砲や探照灯などは別途制作して最後につける予定なので今は無し。
ちょっと明るいグレーのパーツはディテールアップのためハセガワ製パーツに交換したんですが…
3m測距儀のはずなのに4.5m測距儀をつけてしまったという大失敗をしております。。
一度はずして直すことも考えましたが、気づいたのがエッチングも付け終わった後で
パーツの破損リスクを考えてこのままとしました。(ギャフン

IMG_0402.jpg
後部デッキの下側の鉄骨は地味に総エッチング製。
エッチング製になってパーツのシャープさや密度が断然上がっているのでやっぱ見栄えがよくなりますね。
ただ、プラパーツの鉄骨を全て削り取って整えた後にエッチングパーツを貼るという工作をしているので
なかなかに一苦労でしたがっ

IMG_0393.jpg
写真が逆側からですが、エッチング工作前はこんな感じ。あんま差がわかんないですねw

IMG_0397A.jpg
後部マストの基部部分ですが、この場所に限らずエッチングパーツでディテールアップするにあたって
既存パーツを加工→一部流用してエッチングパーツを組み合わせるというのが結構あります。

IMG_0397B.jpg
こう、上の写真の中央部だけ流用して…(他は削り取り)

IMG_0397C.jpg
エッチング製パーツと組み合わせ。比較用に1円玉おきましたが、こういう大きさの世界…ということでw
ほぼやり直しが効かないのでよーくよーく考えてすり合わせて組み方検討して
丁寧に進めるしかない感じでしたね。。


②煙突
IMG_0411.jpg
煙突は、戦艦扶桑をつくる③にて途中経過をのせていましたが、つけていなかったパーツを付けての完成となりました。
煙突周辺は梯子や探照灯、電探に密度の見せ所でもある煙突と戦艦の中で一番密度がでる場所でもあるので
必然的にエッチングの割合も多くなってますね。
途中ミスったりして大変だったけど組み立ては楽しかったですw

IMG_0412.jpg
両側に細長く付いてる装備は艦これの装備でも同じみの13号対空電探。
組み立てるのはめっちゃ大変でしたが。
煙突はエッチングパーツを最初に着けはじめた場所なので今見ると結構着け方が汚いです。
最初はどう瞬着を着けてどうパーツを扱うのがいいのか模索しながらでもあったので仕方ないといえば仕方ないですが…
ただ、煙突上部の\_/な部分はつい最近着けたので最初につくったところよりはかなりマシに。
一部破損しちゃったので0.15mmぐらいのテグスで修正しましたがなんとかなりましたしね・∀・;
やっぱ慣れって大事ですねっ

pJpOw.jpg
1円玉対比ではないですが大きさ的にはこんなもん。ペンタブの先端と比べてもらえればわかるかなとっ

③主砲
IMG_0390.jpg
前回の戦艦扶桑を作る④にて触れていた主砲ですが、一通り完成しました。
前回は防水カバーの隙間をパテで埋めるなどなどしていたので今回はエッチングをつけての完成となります。
※機銃用の台座などは一部外しています。

IMG_0391.jpg
主砲工作で一番大変だったのは言うまでも無く8cm内筒砲台座の組み立て。
前々から砲身の根元についてるコレはなんだろう…と思ってたんですが調べてみたら
演習時に砲を取り付ける部分だったんすね。(詳しく内筒砲でググっていただけるとっっ)
…と機能はわかったものの組み立ては二度と作りたくないレベルで大変でした。
水平垂直をある程度測らないといけないとかそもそものパーツが小さすぎるとか壊れやすい(事実半分壊したので
自力で接合していたり)とそれはもう…。
なにより扶桑型は主砲の数だけなら6基と戦艦の中では最大クラス。
なので6×2で12個同じものをつくらないといけないという苦痛
えぇ、もうつくりたくないです・・ハイ。

④水蒸気カタパルト類
IMG_0433.jpg
何気に戦艦を作る中で一番楽しみだった水上機カタパルトパーツも完成しましたw
艦これだと川内の右肩についてたり千代田、千歳がもってるやつですね。
この密度感、一度つくってみたかったんですよねーw

IMG_0431.jpg
まずは水上機の台座。この上に零式観測機などが載っかるわけです。
実際は甲板上に敷設されたレールの上をこの台座に載せてカタパルトまで移動。
カタパルトに乗せたらそこから射出…という流れですかね。
特に労せず組み立上げちゃいましたが、慣れっていうのをものすごく感じましたね。
最初の頃にここに手を着けてたらたぶん綺麗には組み立てられなかっただろうなぁ・・と思いますです。

IMG_0430.jpg
カタパルト自体もエッチングの箱組みですが、やっぱ上のキットのものと比べると
密度感が全然ちがいますねっっ

IMG_0420A.jpg
IMG_0420B.jpg
クレーンもキットパーツを一部削り取ってエッチングパーツに差し替え。
1/350という大型なのでやっぱりこういう細かいところにしっかり密度がだせるエッチングの存在は大きいですねっ

全体像
IMG_0435.jpg
※クリックで拡大
というわけで現在まで進んでいるパーツを一通り置いてみました。
色も塗ってないし劇的に変化…とまではいってないですが、後部マストや前艦橋の電探が着いたりしているので
より戦艦らしい全体像にはなってきたかなと。
とはいえ甲板の細かな構造物はまだ全く手付かずなのでまだまだ先は長い;´д`


制作上の質問などありましたらコメントでお気軽にどうぞ!!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スポンソンの支柱をプラ棒で必死に作ったのはいい思い出だなぁw

自分もフジミの1/350榛名欲しくなってきたわぁ(´・ω・`)

No title

>サージさん
1/350は予算と置き場の問題が発生するけど組み立てに関しては1/700より圧倒的に楽だと思うよー。

凄まじいディティール

むうう、凄まじいディティール、本気度が伺えます
が、工程からいくと次は甲板の一番外側の手すり
生き地獄のような作業工程が待っています
そこで更新が中止してしまう製作記があったりしますが
はたしてどうなってしまうのか!
プロフィール

Akatsuki

Author:Akatsuki
●管理人外部リンク●

twitter

ソーシャルゲームの
イラスト仕事しながら
気の向くままに綴ってます。
イラストのお仕事など
募集中してますっ。
リンクフリーですが、
連絡いただけましたら
此方からもリンクさせて
いただきますっ

▼主なイラストはpixivにて▼


●サークルページ●
A2 Lamp Shade

Access
リンク
連絡はこちらへっ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。